パイロット

パイロット

あこがれの職業パイロットへの道は?

通販ナビ135 > パイロット

パイロット 年収

平成25年の平均値では、年収11,601,100円という数字が出ています。平均勤続年数 13.5年 平均年齢44.5歳でのデータです。
また、他の職業同様に、所属する会社によっても、変わります。従業員数1,000人超の大企業が最も高く平均1,243万円。最も低いケースは、従業員数10-99人規模の908円となっています。年齢帯では、45-49才の平均が1,526万円で最も高いです。
ちなみに年収1,000万円を超えるのは35才頃が最も多いようです。

パイロット不足

実は、今後、パイロットが不足することが懸念されています。現在、機長クラスのベテランパイロットは50代が中心。10年以内には、定年を迎える人が大半です。一方でLCC(格安航空会社)の相次ぐ参入で、パイロット需要は増加中。
そんなわけで、この先、日本では、パイロットは、益々必要とされる職業になる見込みです。

パイロットになるには

パイロットになるには、いくつかの方法があります。
軍用機に乗るなら、高校卒業後、航空学生として自衛隊に入隊するのが、一番早いです。2年経過後、飛行準備過程(約6ヵ月)へ。
防衛大学に進学した場合は、卒業後、約半年の幹部候補生学校経て、飛行準備過程(約6ヵ月)へ。でも、防衛大学に入る事自体が、非常に難しいです。
一般大学を卒業した場合は、約11ヵ月の幹部候補生学校経て、飛行準備過程(約6ヵ月)へ。飛行準備過程(約6ヵ月)終了後のコースは同じになります。
自衛隊退官後、民間機に乗るという道もあります。海外の航空会社では、結構、軍用機からの移籍組が多かったりします。
旅客機なら、各航空会社に入社して、養成コースに応募するのが一番早い。でも、これは、相当な狭き門です。
そして、もう1つの方法が航空大学に入るというコースです。
航空大学に入るには、高専、短大等の卒業か大学を2年以上修了している必要があります。
航空大学卒業後、航空会社に就職するのが順当な進路で、この場合、殆どの人がパイロットになれます。
時間はかかりますが、航空大学経由が一番、確実のようです。難しいと言われる航空大学ですが、こんな予備校があるんです。
最短・最速でパイロットを目指す★予備校★

パイロット トップへ戻る